ありがとう、そしてさようならマイブック

>

少しでも高く、売るコツ

この記事をシェアする

ちょっとしたひと手間で

これは古本に限らずですが、商品は状態がきれいなほど高く売れる傾向にあります。
ではどのようにきれいにするのかというと、主に自宅でできるのは本のカバークリーニングです。
というかそこぐらいしかできません。
下手に手をだすと本を傷めてしまうこともあるので注意です。
カバーのクリーニングはアルコールで行いましょう。
そしてアルコールをふき取るための乾いた布も必要なので用意しましょう。
最悪ティッシュでもかまいません。
次に値札ははがしておきましょう。
例えですが買取金額が800円だったとします。
その本に200円の値札がくっついていたら「買取価格下げてもいいよね」と向こうに判断される可能性があります。
これを防ぐための防止法です
こちらもアルコールを使ってきれいにはがすことができます。
値札にアルコールを含ませ少々時間を置きます。
そして値札のすみっこから徐々にはがしていきます。
どちらも手軽に行えるのでおすすめです。

残念ながら売れないものはあります

古本もすべての商品が対象ではありません。
売れない物の基準をいくつか紹介します。
まず一つ目に本の外見に難があるものです。
正直中身がどれほど綺麗であろうが外面が厳しいと買い取ってもらえないです。
水濡れやページ割れ、やぶれていたり、切り傷、日焼け、強い折り目がついている、表紙カバーのないもの、文字などの書きこみがあるなど。
二つ目に違法性のある書物です。
無修正のアダルト要素や児童ポルノがのっている書籍、コピー誌や海賊版の同人誌もほとんど買い取れません。
そもそもバーコードのないものは買い取れないと思っていただいて大丈夫です。
三つ目は価値の劣化が著しいものです。
どういうものかというと付録がメインとなっている本なのに付録がついていない(CDやDVDなど)本です。
習慣情報誌や制度廃止や改正前の教科書、専門書なども入ります。
百科事典や辞書も買取不可です。